腰痛がひどい!病院に通ってもすぐ繰り返す!どうすればいいの?

日本国内だけで2000万人以上いると言われている腰痛患者。

その多さから国民病とまで言われているそう。

長時間の立ち仕事はもちろん、ひどい方の場合、座っていても横になっていても痛むと聞いたことがあります。

季節や天気によって痛みが増したり、ストレスがたまると痛みが出やすくなると言う方もいるとか。

旅行やレジャーなどに出かけても、痛みが気になって全然楽しめなかったなど、悲しい思いをしてしまう事もありますよね。

だからと言って、病院に通っていても、結局その時だけ痛みが治まって、すぐに痛みがぶり返してしまうというお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな厄介な何度もしつこくぶり返す腰痛について調べ、原因や対処法についてまとめてみました。

腰痛の要因や原因

腰痛と言っても、その要因や原因には様々なものがあります。

腰痛の原因がはっきりとわかっているものを【特異的腰痛】と言います。

聞いたことがある方も多いと思いますが、椎間板ヘルニアや骨粗鬆症、腰部脊柱管狭窄なども特異的腰痛になります。

また、細菌感染やがん、臓器などの病気が原因になる場合があるそうですので、まずは腰痛が酷い場合は病院を受診するようにしましょう。

この、特異的腰痛の場合は、医師の診断の元で治療を的確に行っていく必要がある場合がほとんどですので、今回は原因がわからない腰痛、原因が曖昧な腰痛について詳しく書いていきます。

上記の特異的腰痛とは違い、腰痛の原因がはっきりとわからないものを【非特異的腰痛】と言います。

病院を受診しても、臓器に問題があるわけでも無く、レントゲンを撮ったが骨に異常が無かった方は【腰痛症】として診断されるそうです。

実は、腰痛を訴えるほとんどの方が、この【非特異的腰痛】にあたると言われています。

原因が無いわけではなく、原因をはっきりと特定できない腰痛です。

ほとんどの場合が、生活習慣、姿勢、運動不足、肥満などが原因であると言われています。

ストレスや睡眠障害、また神経の障害により痛みが出る事もあるそうです。

そして、腰痛が慢性化してしまっている方の場合は、腰痛が起きるとできるだけ体を動かさないようにしてしまう場合があります。

これがストレスや神経過敏につながり、腰痛を慢性化させてしまうと言われています。

精神的ストレスが続いてしまうと、痛みの制御をする脳の機能が停止してしまい、さらに痛みを感じるようになります。

すると、また体を動かしたくなくなってしまうという悪循環に陥ります。

長時間の立ち仕事や、座りっぱなしのデスクワークは、ずっと同じ姿勢を保持しているので腰に負担がかかり腰痛の原因になります。

また、重いものを頻繁に運んだり、体をねじるなどの動作を頻繁に行う事も原因になると言われています。

過度の肥満、運動不足による筋力の低下なども腰痛の原因になります。

ざっと挙げただけでも、非特異的腰痛の原因だと言われているものにはこれだけの種類があるんですね。

では次に、要因別に腰痛がなぜ発生してしまうのか、もう少し詳しく見ていく事にしましょう。

なぜ腰痛が起こってしまうのか?

姿勢

日頃の姿勢も腰痛に深く関係しています。

特に腰に負担がかかりやすいと言われているのが、長時間同じ姿勢で座っている状態。

実は、立ちっぱなしよりも負担がかかる場合があると言われています。

運送業の方やタクシードライバーの方に腰痛持ちが多いのは、同じ姿勢で何時間も座っている事が多いからだそうです。

しかも困ったことに、いくら正しい姿勢で座っていたとしても、【長時間同じ姿勢でいる事】が腰痛をおこしてしまう原因になるそうです。

これは限られた筋肉や骨格に、断続的に負荷がかかり続けるため。

また、左右どちらかに傾いている姿勢も腰痛の原因をつくってしまいます。

片足重心で立ち続けたり、足を組んで座るなどがそれにあたります。

また、左右どちらかに重心が偏ってしまう姿勢を続けると、結果的に骨盤のずれや背骨の歪みを引き起こしてしまい、腰痛が慢性化してしまう可能性があります。

そしてついついやってしまいがちな、腰を丸めた状態。

椅子に寄りかかっているときや、体育すわり、あぐらなどの体勢をしているときになりやすいと言われています。

いわゆる猫背と言われるもので、「姿勢が悪い」と言うのは、この腰を丸めた状態の事を指す事が多いですよね。

この猫背もまた腰痛の原因になります。

上記の事からわかるように、姿勢が原因での腰痛は、座っている姿勢に問題があるものがほとんどですよね。

運動不足

運動不足は腰痛だけでなく、様々な体の不調を引き起こしてしまうと言われていますよね。

背骨の腰部分は【腰椎】と呼ばれる5つの椎骨で構成されています。

この腰椎と脊柱などを支えているのが筋肉なのです。

腹筋と背筋、もちろん聞いたことがある筋肉だと思いますが、この2つの筋肉が腰椎と脊柱を支えている主な筋肉です。

これらの筋肉は、30代以降から衰え始めると言われていて、運動不足が手伝えばさらに衰えてしまい、腰椎と脊柱をささえる力が弱くなってしまいます。

しかも、運動不足が続くと、腰回りの筋肉が硬くなるので柔軟性が失われていきます。

すると、少し無理な姿勢をとっただけで痛みが出てしまうと言われています。

ですので、日頃からほとんど運動をしていない方や、筋力が弱ったと感じる方は、運動不足が原因の腰痛の可能性があると言えるでしょう。

肥満

体格的な問題が原因で起こる腰痛もあります。

痩せていた頃は腰痛なんか感じた事がなかったのに、体重が増加してから腰が痛むようになったというのは良く聞く話でもあります。

ではなぜ肥満になると腰痛が起こってしまうのでしょうか?

体重が増加すると、単純に上半身の重みが増えて、上半身を支える腰にかかる負担が大きくなる事。

標準体型の人に比べて、体重差の2.5倍もの負担がかかるんです。

また、妊婦さんなどによく見られる姿勢ですが、肥満などでお腹が出てくると腰を反らせたような姿勢になってしまう事。

この場合、腰の関節が圧迫されて、常時負荷がかかっている状態になってしまうため、痛みが出てしまうそうです。

さらに、体重増加が原因で体を動かすことが億劫になり、運動不足になってしまう、運動不足になり、さらに体重を増加させてしまう悪循環が発生してしまいます。

肥満が必ずしも腰痛の原因になると言うわけではありませんが、やはり体重が増えることにより、支えている部分に負担が増えるのは当然の事なので、全く関係がないとは言い切れないようです。

過度のストレス

過度のストレスによって腰痛が起こってしまう事もあります。

【心因性腰痛症】と言われていて、ストレスや鬱などの心因的要素からくる腰痛です。

これは、ストレスなどの影響で自律神経のバランスが乱れ、血行不良や、筋肉の緊張などから痛みが出てしまうと言われています。

この心因性腰痛症は、原因不明の腰痛と診断される事が多いそうです。

ストレスは自律神経のバランスを乱すと言われていますが、この自律神経が乱れることにより、痛みに対して過敏になり、ちょっとした痛みでも強く感じてしまう事があるそうです。

ストレスの影響を受けると、冒頭でご紹介した【特異的腰痛】の方も、強い痛みが発生する事や、腰痛を感じる回数が増えると言われています。

普段なら、疲れた、体がだるい、体が重いと感じる症状を、長時間ストレスを受けた場合に、【痛い】と認識してしまう場合もあるそうです。

ストレスと言うのは、心にも体にも悪影響を及ぼすものなのですね。

特に腰痛症の方の場合、痛みが強く出る場合があるので、その痛みによるストレスも重なってしまうので、ストレスの蓄積は深刻と言えるでしょう。

冷え

冷えから来る腰痛は、特に女性に多いと言われています。

体が冷えると、自律神経の【副交感神経】が活発になるので、血流が悪くなります。

そうすると、筋肉のエネルギー代謝が正常に行われなくなり、疲労物質が溜まって腰痛などの痛みを発生させてしまいます。

突然ですが【ぎっくり腰】はご存知ですか?

このぎっくり腰も、腰に疲労物質が溜まり、その疲労した筋肉に急激になんらかの過大な負荷がかかることで起こると言われています。

なので、実はぎっくり腰は非特異性腰痛に分類される事が多いそうですよ。

しつこい腰痛対策

腰痛にはいろいろな原因があることがわかりましたね。

もちろん、ここでご紹介した原因以外にも、たくさんの原因があると思います。

腰痛に長年悩んでいて、病院にも通っているのに、その時は痛みが引くけれどすぐに痛みが戻ってきてしまう。

病院では、特に病気や骨に異常があると言われたわけではないから、どうしたらいいのかわからない。

そんな方は、まずは根本的な生活を見直してみてはいかがでしょう?

でも一体どういった事を見直せば良いのか?一緒に見ていきましょう!

運動不足の解消

運動不足が気になっている方、実は多いと思います。

現代社会で忙しく生活している私たちは、なかなかまとまって運動をする時間が取れない事が多いと思います。

また、現在腰に強い痛みを感じている方は、あまり無理な体勢やハードな運動をするのはおススメできません。

しかし、腰が痛くて動かなくなってしまうと、さらに悪化させてしまう場合もあります。

そこでお勧めなのが、家から出ずにできる簡単なストレッチやヨガです。

現在はネットショップなどで、レクチャーしてくれるDVDなどが沢山出ていますよね。

自宅なので、天候や外気温も気にせずできるので非常におススメです。

また、外に出られる方の場合は、軽めのウォーキングや、水中ウォーキングがおススメです。

水中ウォーキングは体にかかる負荷が非常に少なくなりますので、痛みがある方でも安心して行う事ができますよね。

とにかく無理のない範囲で、できるだけ毎日継続するという事が大切です。

継続することで、ストレスの発散、肥満の改善や予防にもつながりますので、是非チャレンジしてみてください。

習慣化してしまうと、そんなに苦痛に感じないと言う方が多いそうですよ。

仕事や作業の合間に

継続して同じ姿勢をとる仕事や家事をしている場合は、途中で少しだけ休憩をはさんで、軽く体を伸ばしたり、少し歩きまわってみたりしましょう。

同じ姿勢でいると、同じ場所に負荷がかかりすぎてしまうので、それを軽減させるために、定期的にとりいれてみましょう。

仕事の場合は長時間の休憩は難しいかと思いますが、軽く伸びをしたり屈伸したり、わずかな時間でも腰痛を軽減させる効果が期待できます。

睡眠、そして適度にストレス発散を

前述したとおり、ストレスなどが原因で痛みが起きてしまう事があります。

ストレスを溜め続けてしまうと、腰痛だけではなく様々な心と体の不具合が発生してしまいます。

ストレスというのは、自分で感じないうちに蓄積されていくものですので、自分はストレスなんか感じていない!と思う方でも、定期的に自分の好きな事などをして発散しましょう。

睡眠不足も腰痛を発生させてしまう原因になるんです。

睡眠時間をしっかりと確保して、質の良い睡眠をとるように心がけましょう。

昔から、病は気からとも言われている通り、心と言うのは直接体に影響を及ぼすものだという事を忘れないでくださいね。

寝具などの見直し

人は、人生の3分の1を寝て過ごすそうです。

それだけ布団の中にいる時間が長いので、自分の体に合わない寝具が原因で痛みが出てしまう方もいます。

枕の高さや、マットレスの硬さ、布団の重さなど。

少しでも違和感がある場合は、寝具の見直しをしてみましょう。

寝具を見直しただけで腰痛がだいぶ楽になった、と言う方も多いそうですよ。

サプリメントを取り入れてみる

サプリメントは薬ではありませんので、飲んですぐに痛みをとってくれるものではありません。

しかし、最近では腰痛などの痛みの緩和補助を目的としたものもたくさん出ています。

痛みの軽減が期待できるサプリメントなどを補助的に摂りいれて、運動や姿勢の見直しをするのも良いのではないでしょうか。

◆腰痛ケアのサプリメントはいろいろありますが、口コミ評価も高く人気なのは「タマゴサミン」です。
ファーマフーズのタマゴサミンの口コミと効果

アイハという成分で体の動きをなめらかにするのを補助すると言われているからです。

*まとめ

友人や家族に、必ず一人は腰痛を持っている方がいますよね。

実は筆者も非特異的腰痛を持っています。

歩いても座っても痛いという状態が数か月に1度やってくるのですが、根本的な生活の見直しを行ってからは、だいぶ楽になったように思います。

原因がわからない場合、まず病院を受診する事。

そして、自分にできる事や改善できる部分があれば積極的に行っていく事。

何事もそうですが、無理なく毎日続けていくことがポイントです。

us