年を重ねることで膝や腰の曲げ伸ばしがつらくなってきますよね。

膝や腰の曲げ伸ばしの際に痛みが伴うのはほとんどの方が年のせいだと思っています。

しかし、実際は年を取っても膝や腰の曲げ伸ばしはそこまで辛くないという人も多いです。

そこで、今回は腰や年齢を重ねると出てくる腰や膝の曲げ伸ばしの際の痛みの原因と、対策をご紹介いたします。

ー膝や腰を曲げると痛くなる原因ー

あなたはなぜかわかりますか?

年を重ねると痛くなるということは何となくわかるけど、どうしてかまではわからないと思います。

原因は

1.グルコサミン不足

関節部分の骨と骨の間には、骨以外の成分が潤滑剤の役目を果たしています。

この潤滑剤の役目を果たすのが、グルコサミンなどです。

これが不足してしまうことにより、骨と骨がこすれるような形になり痛みを発することや、神経に刺激を与えて痛みが出ることがあります。

ご存知の軟骨成分です。

2.カルシウム不足

カルシウムが不足することで、骨自体が弱まります。

骨周辺んには多くの神経があり、骨が弱くなることで神経が守られにくくなります。

3.姿勢が悪い

年を取ることでよく見られるのが姿勢の悪さ。

こちらも、全体的に骨が弱くなっているためにおこることですが、前かがみになったりと姿勢が悪くなる方が多くみられます。

姿勢が悪くなると、膝や腰などへの負荷は大きくなり痛みの直接的な原因になってしまいます。

ー改善・対策法ー

まだ痛くなっていないあなたはチャンスです。

予防をすることが一番なのです。

しかし、きっとこの記事をご覧のあなたはすでにつらいのではないのでしょうか?

そこで、改善・対策が期待される方法をご紹介します。

1.栄養をきちんと摂る。

何よりも重要なのは栄養のバランスです。

偏った食生活を行っていると、体全体のバランスが悪くなり関節などに特に負荷がかかりやすくなってしまうのです。

グルコサミンだけでなく、カルシウムやコンドロイチン、ビタミン、鉄分、たんぱく質なども重要です。

肉類や野菜類を積極的に取り入れてみましょう。

2.簡単なストレッチ。

普段体を動かさないというあなたは、まずストレッチをしてみましょう。

膝や腰の部分に軽く刺激を与えることで、その部分の軟骨成分の生成を促進することができます。

全く使わない状態が続くと日々ぼろぼろになってしまいます。

椅子に座って足を前に伸ばして、戻してを5回1日2回。

仰向けになって腰を軽く上げたり下げたりを5回寝る前にやってみましょう。

3.お風呂にゆっくりとつかりましょう。

お風呂にゆっくりとつかることで、血行が促進します。

血行が良くなることで、痛みが軽減されやすくなるのです。

また、湯船につかっている間は体への負担が少ないため、ストレッチにも効果的です。

軽く腰を回したり、伸ばせるようでしたら足を曲げたり伸ばしたりしてみましょう。

ーまとめー

膝や腰の痛みは日常生活の中でつらいものです。

日々の予防や改善法を行っていくことで、徐々に改善されたり悪化を抑える効果が期待できます。

とにかく、気になる方は今日から始めてみてください。

◆いろいろ注意しても、改善されないと思ったら、ニコラプロを飲むと効果的です。

体が動かしやすくなって楽になった!という口コミも多いからです。
ニコラプロの口コミ効果!他のグルコサミンサプリとここが違う!

us